大きなチャレンジをする時に必要なマインド。

大きなチャレンジをする時に必要なマインド。

こんにちは!
田中美帆(MIE)(@tanaka__miho)です。

 

わたしは周りの人からポジティブだとか行動力がすごいなどと言われますが、自分では「ポジティブでいよう!」とは全く思っていません。

 

ついでに、
ポジティブ過ぎるウェェェイ!みたいな人もニガテです。爆

今回は、ポジティブ思考で大きなことにチャレンジしていく人生において、何が必要なのかをわたしなりに考えてみました。





Sponsored Links

そもそもポジティブってなに?

 

早速ググってみると、
積極的であるさま。
だそうです。

積極的であるさま。
これは確かにわたしにはドンズバ。

行動力には自信があります。

失敗したくはないけれどしてもいいと思っているし、人生は何度でもやり直せることを知ってるからかもしれないなぁ。

 

何かやりたいことがある時、まだ何も起きていない段階から失敗を恐れて行動出来ない方は多いと思います。

  • 人から笑われたらどうしよう。
  • 失敗したら取返しの付かないことになりそう。
  • 今の生活が変わってしまうかもしれない。

みたいなところでしょうか?

 

それ、はっきり言って自意識過剰が邪魔をしています!

大丈夫。たとえ失敗してもたいしたことは起こりません。

ひとつづつ見ていきましょ!

 

人から笑われたらどうしよう。

 

笑いたい人には笑わしときゃーいいんです。

失敗をした時に、影口を叩く人は必ず現れると思っておいた方がいい。

笑う人なんていないよ!大丈夫!って言うのは簡単ですが、どんなことをしても文句を言いたい人はいるんですよ。

 

特に今はSNS社会。

何かに挑戦する時、SNSで発信する方も多いですよね。

頑張ってください!応援しています!と声をかけてもらったにも関わらず数か月後・数年後、うまくいかなかった。

そんな時、もう・・このまま冬眠し続けていいですか?って思いますよね。わかる。

 

でも、大丈夫。

人の興味なんて一瞬で過ぎ去りますから。

なんかおもろいことないかなーと思ってた人には絶好の面白ゴシップネタになりますが、そうゆうのが好きな人は次から次と面白ネタを探すので早ければ1日、長くても一週間もすればあなたが何かに失敗したことなんて忘れています。

 

私も今までたくさんの失敗をしてきました。

カフェをプロデュースしていた頃、オープンを迎えて半年くらいたったある日社長がお金を持って飛びました(夜逃げ?)。

あの時もあることないことネットでは言われたし、冬眠希望!だと心で何度も叫びましたが今は最高の笑いのネタです。

 

新婚旅行に行くためにトランク持ってウキウキで主人と関空に行ったら、カウンターで「予約されていません。」って言われたこともあったなぁ。
※結局たまたま席が空いていて無事オーストラリアに行けました。もし空いてなかったら違う国に行ってたやろな。w

 

失敗したら取返しの付かないことになりそう。

 

なりません。

多額なお金が動くような挑戦だと負債を背負ったりするかもしれませんが、それ以外のことで取返しのつかないことになることなんて早々ありません。

自分にとって大きな出来事が起こった時も、世の中は一ミリも変わらずに動いています。

だから大丈夫。挑戦しましょう!

 

今の生活が変わってしまうかもしれない。

 

たしかに変わるかもしれません。

例えば仕事が順調に行き、とてつもなく忙しくなったり、海外で挑戦したい場合は家族はどうする?友達とはなかなか会えくなるとかいろいろ出てきますよね。

 

こんな時わたしはどう考えているかというと、

今の生活を変えてまで挑戦したいかどうかをとことん考えます。

 

大きな決断をする時、家族や友人は引き留めるかもしれません。すべてはあなたのことを想って良かれと思って助言をしてくれている場合は多いのですが、時にはしんどくなったりもします。

でも、こんな時ほど正念場。
自分自身ととことん向き合って、本当にやりたいことなのか、何でやりたいのか、どう生きたいのかを見つめるチャンス。

 

わたしの場合は、あいのりに行くと決めた時も、12年前フィリピンセブの留学に行くと決めた時も、給料が良かった会社を退職して夢を追うことを決めた時も周りは「え?大丈夫か・・?」となってました。

 

安全な道を選ぶことも人生。
険しい道を選ぶのも人生。
だとしたらあなたはどちらの道に進みますか?

わたしは常に挑戦していく人生でありたいと思っています。

 

と、いいつつもいつも進んだ後に「あーなんでこんなこと決めてしまったんやろ。めっちゃしんどい・・・・」って思ったりもしますよ、ここだけのはなし。
家でぐーたら寝ていたい・・・と思ったりもw

 

でも、結果的にすべての経験が人生の糧になっているし、行動しつづけるからこそ見えてくる景色もあります。

そこから新しいアイディアが沸いてくることも多いです。


結論

 

人生に正解なんてないんですよね。

どんな人生を送りたいかを決めるのもあなた。
他の誰でもありません。

正解も不正解もありません。

死を迎える時に、自分自身が自分の人生を思い出しながら納得できるかどうかだと思っています。

わたしはそんな時、あんなんあったなーこんなんあったーと思いだしながら笑いがこぼれおちるような自分でありたい。

あの時こーしとけばよかった、あーしとけばよかったと出来なかったことばかりにフォーカスを当ててしまうのはあまりに悲しい。

 

今後の人生の中では、今日が一番若い!ってよく言うじゃないですか!
その通り。

何歳になっても挑戦することは出来る。やるかやらんか。

これを読みながら頭にやりたいことが浮かんだ方は2018年、はじめの一歩を踏み出してみましょう!

 

 

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top