【ネタバレあり・映画感想】カメラを止めるな!大阪の舞台挨拶&上映会に行って相当笑ってきた。

【ネタバレあり・映画感想】カメラを止めるな!大阪の舞台挨拶&上映会に行って相当笑ってきた。

こんにちは!田中美帆(MIE)
@tanaka__miho)です。

 

本日、大阪のシネリーブル梅田で上映された〝カメラを止めるな!〟の舞台挨拶に行ってきました。

話題作なのは知っていましたが、ネタバレは一切見ずにまっさらの状態で見てきたのですが、はっきりいって、こんなに映画を見ながらゲラゲラ笑ったのは生まれて初めて。

マジで、めっちゃくちゃ面白かった!

会場でドカンドカン笑いが溢れてて、ひとり客もみんなハハハと声を出して笑っている。

アメリカでよく見かける映画みたいな状態が大阪でも起きていましたよ。

多少ネタバレを含みながら書きますので、見たくない方は見ないでくださいね!劇場で楽しんできてください。

では早速どうぞ!

Sponsored Links

映画〝カメラを止めるな!〟とは

写真:公式サイトより

監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作だ。
​脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。
2017年11月 初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。

イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定した。

その後、国内では「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞。インターナショナル・プレミアとなった「ウディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)」では上映後5分間に渡るスタンディングオベーションが巻き起こり、アジア各国の錚々たるコンペ作全55作の中でシルバー・マルベリー(観客賞2位)を受賞。1位は750万人を動員した韓国の大作「1987」であったが、その差は0.007ポイント差と肉薄した。

引用:公式サイト

 

そう、37分ワンカットの作品で、出演する俳優は無名の方ばかり。

小さな劇場で上映される規模感の映画が、SNSや口コミで瞬く間に面白いと広まっていき、どんどん上映する劇場も増えたそうです。最高の世の中じゃないか!

オリジナルのTシャツはプレミア価格で取引されていたりも・・。

メリカリで見てみたら6,000円くらいで売られていましたねぇ。

ネタバレ少し含む内容&感想

いやー、とにかくめちゃくちゃ面白かったです。

笑いまくったし、最後のシーンは涙までは流れませんでしたが、ウルウルと感動もさせてもらいましたね。

基本は、ゾンビ映画です。

しょっぱなからゾンビのシーンがずーっと続き、それもそれで面白い。

 

 

演者のセリフや動きの絶妙な間がシュールで笑いを誘ってくる。

そして、シーンがサクサク進んでいくので、あっという間にエンドロールが流れてきて、

 

MIE
え?!終わり?!

って戸惑いました。

 

MIE
いや、確かに楽しかってんけどめっちゃ早い。こんな感じ?

と思ってたら、ちゃんと続きがありました(よかったw)

しかも、ここからがかなり面白い。

ゾンビ映画を撮影した1ヶ月前のシーンが始まるのですが、なんでゾンビ映画を撮ることになったのか、ヘアメイクさんと監督の関係性、監督がなぜテンション高めに狂ってたのかなど、いろいろなネタあかしが始まります。

 

ちょっとネタバレもしましたが詳しいことは書かずにいきますので、一度映画館へ足を運んで見てみてください!

あと、出演者のキャラが際立っているのと、絶妙な間やセリフも最高。

この人たちほんまに無名?どこかで見たことある気がする。って思わせてくれる人だらけです。

私の一押しキャラはこのふたり

まずは、

笹原芳子さん役の竹原芳子さん

もう最高か!

この方、俳優さんではなく自分で自ら応募してみごと初演技となった素人さん。

画面に登場した時のインパクトといったらないです。片桐はいりさんレベル。最高。

 

そして

日暮晴美役のしゅはまはるみさん

この人もめっちゃ面白かった!話し方もノリもマッチしていて、実際にあぁいう方だと思ってしまうほどのはまり役だと思います。こうゆうオカンやったら面白いやろなって人w

 

このふたりの存在感がすごくてすごくて、もう一回見たいですw

また別の作品でも会えたらいいな。

舞台挨拶@シネリーブル梅田(大阪)

舞台挨拶に来られていたのは、

プロデューサーの市橋浩治(プロデューサーとおっしゃっていたのでおそらくこの方だと思います)

監督の上田慎一郎さん

 

そして、俳優陣は・・

濱津隆之さん

真魚(まお)さん

竹原芳子さん

藤村拓矢さん

 

舞台挨拶って、妙にゆるっとするタイミングがあったり、シーンとしてみなさんが「てへっ!」みたいになって会場が笑いに包まれたりするあのゆるーーーい感じがいいですよね。

監督の上田慎一郎さんの進行の元、いろいろお話しが聞けました。

主演の濱津さんが飲みすぎて最終日に二日酔い全開で来て大変だった話wや、竹原さんが初の演技で固まっていた時に監督が肩をもみながら励ましてくれた話。

すごくいい雰囲気の中で生まれた作品なんだろうなぁ。

 

ひとつの作品をみんなで作り上げるっていいですよね。

 

ちょっと羨ましくなるほど、作品づくりっていいなって思える作品でした。

監督おちゃめ。

 

カメラを止めるな!は声を出して笑える作品

カメラを止めるな!の上映情報はこちらに詳しく載っています。
公式:カメラを止めるな!上映スケジュール

一人で行っても誰かと行っても絶対に声を出して笑える作品です!

今日何回か見にきたことがある人ー!って監督が言った時に3分の1の人が手を上げててびっくりしました。

一人は5回以上見ていて、舞台挨拶も2度目だとか。

 

ほら、見てください。
コスプレをしてきた方もこんなにもたくさん!

おじさん達がめっちゃくちゃ楽しそう!!w

 

愛されてるなぁ。愛だなぁ。めっちゃおもろいもんなぁ。

 

MIE
このアロハシャツみんなどうやって同じの探したんやろ?

 

とにかくおもろい!それに尽きます。

 

MIE的まとめ

大きな映画館で上映されるお金をいっぱいかけて作り上げた映画の良さももちろんありますが、お金をかけなくても、メジャーなキャストを揃えなくても、こんなにも楽しい作品を作れるってすごい。

そして、そんな小規模で作られ、上映された作品でも、ちゃんと評価され、拡散できる今の時代って最高やん!って思います。

監督の次の作品が見たいし、このキャストが上田組となって、また新たな映画ができたら見てみないなーって。

こんなに声を出していっぱい笑える映画は、なかなかないですよ。

恥ずかしいが先に先行してしまう日本人が、あんなにみんな声を出して笑う映画館って素敵やん。

またいい作品に出会ってしまった。最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
田中 美帆
3月3日生まれ  昔あいのりに出ていた。 趣味は旅と断捨離。物も人間関係も常にシンプルでいたいと思っている。 子どもは2人(1人はお空在住)。生活感のない女になりたい35歳。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top