【初級編】家庭でも実践!モンテッソーリ教育のはじめかた!

【初級編】家庭でも実践!モンテッソーリ教育のはじめかた!

天才棋士、藤井聡太さんが幼児期に受けた教育として話題となった教育法、モンテッソーリ教育。試してみたいなと思っているパパやママはきっと多いはず。もちろん、私も興味津々です。

天才とまでは望まなくても、子どもの能力を伸ばすことができる教育法なら、ぜひ取り入れてみたいですよね。家庭でできることもあるのでしょうか。

  • 聞いたことはあるけどよくわからない。
  • 興味があるけど何から始めたらいいの?
  • 幼稚園やインターナショナルスクールに行ってなくても自宅で出来るのかな?

    そんな方はぜひ読んでみてください!

Sponsored Links

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、マリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法。彼女は医師であり、教育家でもありました。

モンテッソーリは、子どもが本来もっている力「自己教育力」、つまり、「子どもは、自分を育てていく力が備わっている」ことが大切であると考えました。そして子どもが積極的に環境に関わりながら成長するための教具などを開発して、教育法を確立したのです。

モンテッソーリ教育に適した年齢

モンテッソーリ教育では、0歳~6歳までの乳幼児期を前期(0歳~3歳)と後期(3歳~6歳)に分け、前期は「無意識の時期」、後期は「意識の芽生えの時期」としています。

ざっくりいうと、前期は人生の中でもっとも吸収力のある時期、後期は前期に無意識に吸収したことを意識化していく時期という感じです。

赤ちゃんが、ハイハイするようになったかと思っていたら、すぐにつかまり立ちをはじめ、そしてあっという間に歩くようになりますよね。すごい吸収力と成長の速さです。そして歩けるようになった赤ちゃんは、今度は自分の行きたい方向に向かって歩いて行くようになります。子どもは、このように成長して何かができるようになると更に自分がしたいようにするために行動します。

それを助けてあげることが家庭でできるモンテッソーリ教育のひとつです。

まずは何から取り入れてみる?

では、子どもがしたいこととは、具体的に何でしょうか。

そのひとつは真似っこです。

子どもが言葉を覚えるときは、パパやママの話すことを真似して覚えていきますよね。それと同じようにパパやママのしていることをしたいと思うのです。ママのしているお料理やお洗濯。

パパとママが一緒にしているお掃除など。子どもがやってみたそうにしていたら、一緒にやらせてあげましょう。

子どもは、やってみたいと思ったことができると、そのことに夢中になり集中力を示します。

それは子どもに満足感を与えるので、やり終わった後の子どもは、情緒が安定し、またやってみたいと思うようになります。この一連の気持ちが自己教育力です。

けれど、子どもがやってみたいと思ったことでも、難しいこともありますよね。
そのような時でも、パパやママは「ダメ」とは言わないようにしましょう。

そして、「ここはできそうだよ」「どうしたらうまくいくかな?」など、別の方法を選択させたり、他の案を考えさせたりするように提案してみるのです。

そうすると、子どもは、自分なりに考え、ときには、おとなが思いつかないような発想で解決することもあるのです。こういったことは、家庭だからこそできるモンテッソーリ教育です。

まとめ

このように考えると、モンテッソーリ教育は、特別な場所で学ばせなくても、家庭でも十分に取り入れることができるものですね。おもちゃなども自分で考えて工夫できるようなオモチャ、積み木や折り紙などはおススメです。

今回は、「モンテッソーリ教育に興味があるけどよくわからない。」「やってみたいけど何から始めたら良いかわからない」方向けにお伝えしました!

楽しみながらご家庭でもモンテッソーリ教育をぜひ取り入れてみてください!

私も意識してやってみます!

 

The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top