宣伝会議のコピーライター養成講座の体験に行ってきました。

宣伝会議のコピーライター養成講座の体験に行ってきました。

こんにちは。
MIE(@tanaka__miho)です。

宣伝会議のコピーライター講座がずっと気になっていたので、まずは体験に行ってみよう!と1人で参加してきました。

結果的には、実際に養成講座に通う選択はしなかったのですが、体験だけでも充分刺激と知識を頂いて帰ってきました!

 

参加されていた方とお話ししていないので詳しくはわかりませんが、やはりコピーライターを目指している方や、コピーライターの仕事をしている方が多いそうです。

 

私は、コピーライターでないし、この先もその職につく予定はないのですが、
ブログやウェブメディアを通して文章を伝える仕事をしているので、端的にわかりやすく、そしてキャッチーなタイトルを付けないといけません。

 

タイトル付けは結構苦手なので、「うーん、なんかしっくりこないなー」と思いながら2,3回書き直すこともしょっちゅう。

そのあたりはコピーライターと通ずるものがあるので、かなり面白い内容でした。

 

目から鱗なこともたくさんだったので、私が気になった部分だけ書き留めておきます!

講師の玉山貴康さんの言葉ひとつひとつに惹きこまれるはず。

ではどうぞ。

スポンサーリンク




Sponsored Links

コミュニケーションの基本は、「物事を整理して言葉でまとめ上げる力」

 

・What to say(何を言うか)
・How to say(どう言うか)

 

  • 「言葉って人間の記憶の集合体」

 

  • 言葉の正体は、実はそれらの情報

 

  • アイディアや発想を言葉化できる。

 

広告って、あらかじめ下心がわかってる状況で買わせないといけないのです。だから工夫するんです。

 

  • 言葉の先を考えたことある?
    器で例えると、お茶碗の中身に何が入ってるか気にするのと同じだよ。

 

  • コピーライターは、
    言葉の力を信じて世界を変えようとする仕事

 

  • 文字がコピーじゃない。
    心に残ったものがコピー。

 

  • 「愛してる」で愛してることが本当に伝わる?

 

  • 機微(きび)を社会の役に立たせる。
    「ばかやろう」の先に何がある?いろんな感情を想像して。

 

コピーに嘘は絶対にダメ。

 

  • カップラーメンに「渾身の一杯」誰もそんなこと思わない。

 

  • コピーライターになるのは普通の人。

 

  • 考えるより「思い出す」「見つけ出す」

 

  • 「創造」より「想像」

あなたの人生はあなたの広告活動です

 

あなたの名前はネーミング
あなたの容姿はパッケージ
あなたの性格はベネフィット
あなたの言葉はコマーシャル

 

自分の好きなことがどれだけ好きか試されています。それが人生。
by神谷幸之助さん

 

 

  • 好きなことが見つかったならラッキー。
    なら、やろうぜ。

 

  • 富士山に登ろうと決めた人だけが富士山に登ったんです。散歩のついでに登った人はひとりもいません。

 

  • 目標を持つことで正しい努力が生まれる。
    なんとなくではだめ。

 

  • コピーを生み出すことで、心が鍛えられる。
    傷ついて傷ついて人の気持ちを考え続ける。

コピーライターは心のプロフェッショナル。

 


感想

 

今改めて、ノートを読み返してみても言葉ひとつひとつに惹きこまれます。

私は、言葉のレパートリーが少ないのがコンプレックスのひとつです。
学生の頃は本が大の苦手で国語も嫌いでした。

 

でも、大人になって「言葉は想いを伝えるツール」だと気付き、もっともっと幅を広げたいと思い始めて本も月に3、4冊は読んでいます。

 

今回、玉山さんのお話しを聞いて、こんなにも魅了される言葉が次から次への口から出てくるって、単純にすごいなと思いました。

 

私もありきたりな言葉では伝えきれない想いも、言葉というツールを使って伝えられる人間になりたいです。

 

 

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。
(最終更新:2018年1月15日)コメント0件
Return Top