【徹底レポ】私の断乳経験を全公開!添い乳以外で寝かしつけをしたことがないまま決行した。

【徹底レポ】私の断乳経験を全公開!添い乳以外で寝かしつけをしたことがないまま決行した。

1歳4ヵ月で断乳を突如決意し、壮絶なおっぱいの痛さと闘った断乳期間。

寝かしつけは添い乳オンリー。

おっぱい星人な息子は、夜中は1時間に1回くらいの頻度でおっぱいを求めて毎日起きていました。

そんな状態で、果たして断乳出来たのか?

これから断乳されるママさんにエールの気持ちを込めながら、このレポを送ります!


Sponsored Links

断乳を決意したきっかけ

 

断乳を決意したきっかけは、このふたつです。

  • 1歳を超えても1時間に1回くらいの頻度で夜中もおっぱいを欲しがり、私も息子も昼間は寝不足状態だったこと。
  • 身体が大きめなのに離乳食を食べる量が少なかった。

息子が自分でおっぱいがいらなくなるまであげてもいいかなとも思っていたのですが、1歳を超えてもいつまでたってもいらなくなる気配はなく、なんなら頻度が増えているような・・・・・w

おっぱいタイムは幸せを感じる時間ではあるのですが、私の体力もそろそろ限界を感じていたので、私からけじめをつけないといけないなと思い、決意しました。

やっとこビールが飲める・・・・!
そんなことも楽しみにしながら。


1日目。助産師外来に決意を伝える。

 

1日目。
助産師外来に「断乳しようと思っています!」と伝えると、「断乳4日目に来てください」と言われ、予約が完了しました。

とうとう後に引けなくなったのでやるしかない!と改めて決心。

5V5ceP3FzI.jpg

助産師外来で言われたことは、

  • 高カロリー、高脂肪、甘いもの、乳製品は控えること
  • 水分は普通通りでOK
  • おっぱいの圧抜きする時は、しぼりすぎないように
  • 痛かったら冷やす

 

最後のおっぱいタイムは、しんみりしながら授乳するのかななんて思ってましたが、朝方寝ぼけてる息子が、半ギレのまま強引に服を下してセルフ飲みした後、プイっと口から出して終了。

あっけない。

 

そのまま一緒になって布団にいたら、いつまでもセルフ飲みされてしまうので、サクっと布団を出て洗面所で鏡を見ながら油性マジックでおっぱいに絵を書きました。

 

おっぱいに油性マジックで絵を描くというカオス。

 

怖い顔を書いたらおっぱいを嫌いになってしまうとネットで知りました。

息子が好きな絵を書くか、おっぱいへの執着がすぱっとれるように怖い顔を書くか・・・

どうしようかなぁ・・と迷いながら描き進めてたら、
左はへんてこなクマらしく謎の動物、右はたいして怖くもないへのへのもへじに何故かなりました。

あと、、
乳首は塗りつぶすって書いてたけど、油性マジックで乳首塗りつぶすとか、どんなんやねん!!と、何故かものすごく抵抗があったので、そこだけは筆ペンで塗りつぶしました(爆)

 

筆なので塗りやすかったよ。
割とオススメ。

ただ、水性なので服につきます。汚れてもいいタオルを挟むこと必須です。
母乳も溢れてくるのでぼったぼたになります。

 

とりあえずいつも通り、いないいないばぁ、おかあさんといっしょをEテレで見て、朝ごはんを食べて、落ちつたところで、

はい来ました。おっぱいコール。

ここは冷静に対応しようと決めていたので、
「ゆうちゃん、おっぱいさんね、ゆうちゃんもうお兄ちゃんになれるからってくまさんに変身したからいないねん。だからもうおっぱい飲めないねん。」
って言ったら、

「ん?おっぱいがない?見せてみろ!」と、言わんばかりに服をひっぱる。

あー!あー!うー!わんわん!わんわん!
楽しそうな息子。

全く怖がってない。けど、なんかわかってるような顔もしてる。

ちなみに息子には犬に見えてるらしい。

 

その後も何回か、覗きに来てはパクっとしようとした時もあるけど、ちゃんと自分で諦めてどこかに行きました。

感動。すごい。やっぱりちゃんと真剣に話せば赤ちゃんにも伝わってるんやなぁ。言葉はまだあんまり話せないけど、しっかりと意思疎通出来ています。

この日は予定があったので、お昼を食べた後に外に出ました。いつも通りご機嫌さんです。

夜もそのまま外食しましたがいつも通り。

お風呂に一緒に入ってしまうとおっぱい!ってなると思ったので、夜は主人にお風呂に入れてもらいました。

そのあとからぐずぐずがスタート。

 


添い乳無しの初めての夜。

 

寝れない覚悟はしていたので、
家族で「今日はリビングで寝よう!あやすのは交代制で!」ってことで、最初の寝かしつけは私が担当。

次に泣いて起きたら主人にしてもらうことにしました。

2時間くらい泣いたり、床に顔擦りつけて駄々をこねる息子。

見ててかわいそうになるけど、息子のためだと信じて、一緒に戦う。

アンパンマンの動画を見たり、オルゴールの音楽かけたり、絵本読んだり、歌ったり・・・・
最後は、ぎゅーって抱っこしながら「だいじょうぶ、だいじょうぶ、ゆうちゃん寝れるからね!」って言ってたら、静かになってすーっと寝ました。

 

だいじょうぶだいじょう!の言葉は本当に効果絶大で、今も寝れずに怒ってる時は、この魔法の言葉で落ち着くことが多いです。

そのあと、また3時くらいに起きて2時間くらい泣いてたけど、思ってたより全然マシでした。
全く寝れないことも想定していたので。

yusei、すごいなぁ。確実にお兄ちゃんになってます。

o7iUEogIUr.jpg


2日目。12時間も寝てくれるなんて!

 

2日目は、一番大変かなぁと覚悟をしながら朝を迎えました。

毎朝、半眠り状態でおっぱいを飲んで(軽く1時間ほど・・)、眠気を覚ましてからしか機嫌が悪かった息子が、シャキっとしてる!

これだけでもすごい変化!

 

おっぱい!!ってなっていましたが、とにかく焦らず、冷静に説明を心掛けました。

あれ?
おっぱいさん、くまさんになってたでしょ?もうないよ。ゆうちゃんお兄ちゃんになったからもういらないでしょ?
おっぱいくまさん、ゆうちゃんのこと褒めてたよー。すごいねぇ、がんばってるねぇ!えらいなぁ。かっこいいなぁ!

どこまで理解してるかはわからないけど、
・おっぱいはもうない。・なんかわからないけど、僕ほめられてる。
って、ことはわかってるので無理やり服をめくられることはこの先も一度もありませんでした!

 

この日は、外でいっぱい遊ばせて疲れさせる作戦のつもりだったのですが、なんだかペースが狂い夕方まで家にいて、夕方にスーパーに行っただけ。

全然運動量少ない!やばい・・・・!夜が来るのが怖い・・・・。

と、びくびくしていましたが、

昼寝も、眠たくなると多少ぐずりますが、
抱っこ、絵本3冊、トントン、ほっぺとほっぺをくっつけたまま私に抱きついて寝る。
の流れスコっと寝てくれました!

ちなみに、その後は抱っこをしなくても絵本と抱き着いて寝るの流れで寝てくれるようになりました。

夜もいつもより早く眠たそうにしていたので、寝室でまったり絵本読んだりしてたら、寝た!

そしてそして、
なんと12時間寝ました(驚)

何回か夜中起きましたが、全部トントンとほっぺとほっぺくっつっけてギューで再眠。
しかも再眠のスピードもめっちゃ速い。5分以内だと思います。

もうもう信じられへん。

いつになったら寝れるのかと途方に暮れかけてて、頭が常にボケっとしてた1年4ヵ月、、、
ようやく息子と共に脱出できました(涙)

で・す・が、
そんなスムーズに終わるはずもなく、この数日後から1週間くらいそれはそれは激しい夜泣きと寝ぐずりが続きました。

抱っこも拒否、触るのも拒否、外にも聞こえるくらいの大号泣で、床に頭擦りつけて、「この世の終わりだー!」と言わんばかりに1時間以上泣くこと多々。

あんだけおっぱい大好きだったのにいきなりさよならしたらそら、泣きたくもなるよな。と理解してるので、イライラは全くなかったです。

「よくがんばってるね。
ゆうちゃんえらいなぁ、おにいちゃんやもんなぁ!」
とひたすら褒めてました。

夜泣きは、一晩に1回だけであとは、寝ぼけてふにゃーって言ってもすぐトントンで寝れてましたし、やっぱり眠りの質が格段に上がっていますね。

そこから1週間くらいすると、寝ぐずりは多少ありますが、全然マシになりました。
夜泣きもほとんどありませんでしたよ!

私は、本当に覚悟を決めてやってよかったです。

 

子供が自分でもういらない!ってなるまであげる方がいいとか、断乳は子どものためにならないって考え方もありますが、子供のことを一番理解してるお母さんがその子の性格とか状況を見て判断したらいいんじゃないかと私は思います。

 

うちは、寝不足が続いてるのがお互いにとって良くないと思ったのが1番の理由ですが、あとはおっぱいが本当に欲しいってより、暇つぶし&甘えたいから欲しがってるのがわかってたので、それだったらおっぱいじゃなくてもいけると判断しました。

実際、抱っこー!の頻度は増えたしひざの上に乗ってきたり甘えてくることが増えました。
今までは、とりあえずおっぱいおっぱいだったので。

あと、ごはんも食べる食べる。
めちゃくちゃ食べるようになりました(笑)

食パンは5枚切り1枚。
納豆ご飯は普通のお茶碗に一膳。
さつまいも1本
みかん2つ
とか。

おなかすいたら、冷蔵庫に連れていき、指さして「なんかくれ!」って催促。

そして、ずっと止まっていた生理も来るようになりました。

助産師外来で、1か月くらいしたら来ると思うけど3ヵ月くらい来なかったら検査してみてねって言われていて。
無事来てくれてホっとしました。


最後に、おっぱいのこと。

 

助産師外来で、おっぱいの中の母乳を絞り切るのですが、はっきり言って痛いってもんじゃなかったです。

私の場合、かなりの頻回授乳をしていたのにいきなり断乳したので余計に痛かったのですが、絞ってもらっている時、大きくて分厚いバスタオルを当てるのですがそれが4枚ぼとぼとになりましたから。

助産師さんもびっくり仰天でした。

痛くて腕も上がらず、熱もってるし、抱っこをいっぱいしてあげたいのに痛くてなかなかしてあげられないし、寝返りも打てないし、とにかくおっぱいは大変でした。

こんなん書くと、これから断乳しようとしている方をビビらせてしまうだけかもしれませんが、
おっぱいがいっぱい出ている方は覚悟した方がいいです。

そして、その痛みが治まり、助産師さんに絞り切ってもらった後は、
爽快感とともに驚くほどの貧乳が訪れました。

え?これ私のおっぱい?
って五度見くらいしたけど、私のみたいです。

若い頃、「おっぱいとかほんまいらんわー。無駄やわー。って調子乗ったこと言ってごめんなさい。半分わけてください。」
とあの頃の私に言いたい!

まぁ、でもこれも勲章だと思わないとやってられないので良しとしよう!

そんなこんなな断乳でしたが、明るい未来が待っています!
これからチャレンジするみなさんの断乳も無事成功しますように!

The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top