MIEブログ

田中美帆(MIE)オフィシャルブログ

38歳2児ママ。死亡保険を解約しました!生命保険の見直しのタイミングやコツとは?

38歳2児ママ。死亡保険を解約しました!生命保険の見直しのタイミングやコツとは?

こんにちは!MIEです。

マインドもライフスタイルもシンプル化させていくべく様々なものを見直しをしています。

その中でも【保険の見直し】は課題のひとつですよね。

みなさんは、今入っている保険は現在〜未来のベスト選択でしょうか?

私は20代独身時代から色々加入していますが失敗の経て今に至ります。

現在加入している保険も赤裸々公開していますので、保険で困っている方や保険について勉強中の方のお役に立てたら嬉しいです!

月々1000円の保険は本当に安いのか?

保険って月々の支払いは数千円で「これなら安いし払えるな!」と思っても、この先何十年も毎月支払うとなると全然安い買い物ではありません。

むしろめちゃくちゃ高い。

MIE
だから安易に入るのは良くないよね!

 

我が家の生命保険の現状はこちら

我が家の生命保険はこんな感じになっております。
※火災保険や自動車保険のはなしは別記事にて・・

【パパ】
死亡保険(月々10万づつ下りる):年28,390円
死亡保険(600万円):月11,000円
医療保険(日/5,000円):月2,700円
積立保険(なし):月30,405円⇨解約か減免か続行か検討中

【ママ(私)】
死亡保険(500万円):月10,000円⇨今回解約しました
医療保険(日/5,000円):月2,600円

結婚後1年以内にすべて加入したのでもうすぐ約9年くらい入っていることになります。

我が家の生命保険は、最低限の保証ののみ加入しています。

 

その理由はただひとつ。
なるかどうかわからない病気のためにお金を払い続けるより、その分のお金を資産運用に回して確実に資産を増やしていきたいから。

 

病気になって働けなくなったり、万が一のことがあった場合でも家族で生活を維持できるようにするためのものですよね。

変な話、お金が十分にあるなら保険に頼らなくてもどんなことがあっても生活していけるわけです。

私は、母が病気した時も保険が下りて助かったのも経験しているので「保険はいらない!」とは全く思っていませんが、保険より貯蓄を増やしていく方がよっぽど心豊かに暮らせると思っているので現状これで進めています。

今回解約したのはママ名義(私)の死亡保険

今回解約したのは、私の死亡時に500万円が下りる+運用成果額が連動しているタイプのものでした。

 

加入時の気持ちはこんな感じ。

MIE
死亡保険と資産運用もできるなんて一石二鳥!老後に運用益が少しでも上がればいいな

 

何の迷いもなく約9年払い続けていましたが、最近お金の勉強を加速させていくうちに気付いてしまったことがありました。

保険と資産運用は分けて考えろ!
ということを・・・・(汗)

もちろん銀行にそのまま預けていてもこれっぽっちも増えない時代なので、何もしないよりは増えますよ。

なので銀行やゆうちょに10,000円づつ積み立ててるよりはお得だし賢いのですが(死亡保証もあるしね!)、この手の保険と積立が一緒になっている商品は通常の投資信託より手数料が高い上に利回りが低い。

それならこの10,000円も投資に回わした方がいいじゃない。っていうのが私たちの出した答えです。

さらにこの死亡時500万円も、もちろん私が死んで500万入ってきたら助かることは助かるでしょう。

ただ、現状私の稼ぎより主人の稼ぎの方が多いので私がもしも死んでも金銭的なダメージを家族が食らう可能性は低いんですよね。数千万が下りるなら話は別ですが、500万下りたところで・・・?っていうのが正直なところ。

というわけで、この保険に支払っていた月々10,000円は投資信託へ回して、返戻金として返ってくる数十万は生活防衛費へ貯金ということになりました。

MIE
ちなみに生活防衛費は、サラリーマンなら月収6ヶ月分。自営業なら一年分が基本だよ!

 

独身時代に入っていた保険は2つ

ちょっと話がずれますが、私が独身時代に加入していた保険は2つ。

掛け金が少ない掛け捨ての医療保険はいい選択だったと思うのですが問題はもうひとつ。

正社員OLだった頃(26歳くらいだったかな?)、TVだか雑誌だかで保険のことを見て「私、社会人なのに全然保険にしっかり入ってない!」と亥年特有のややこしい猪突猛進が出まして。

その足で会社の近くにあった保険の窓口的なお店に行き、CMの指原莉乃さんみたいな感じで「全然わからないんですけど何か入った方がいいと思うんです!」みたいに駆け込みその場で契約し、満足げに帰ったのを覚えています。

 

MIE
今思えば言い方悪いけど良いカモやん(滝汗)

 

はっきりした保証内容は忘れましたが月々30,000の医療保険で、特定疾病や女性特有のガンなどにも保証がされるタイプだった気がするな・・・

20代の若さで、結婚もしていないのにそんな高額な医療保険・・保険の窓口のお姉さんにぜひとも私の亥魂を押さえ込んで欲しかったけどまんまと契約してしまっていました。

結局結婚してすぐに解約したので数年間だけの加入でしたがあの掛け金はぜひとも貯めておきたかったな・・

保険の見直しはいつのタイミングでするべき?

保険の見直しってそもそも必要なのでしょうか?

最初からしっかりと吟味してベストなものに入れていたら解約せずに老後まで行けるはず。

それが一番ベストで見直す必要がない状態。それが出来たら最高ですがそうならないのが人間ってもんですよね・・。

まず、独身から結婚するタイミングでは必ず見直しが必要です。2人の分をじっくり吟味してみましょう。

次はお子さんが生まれたタイミング。それ以外で見直すタイミングだとするなら私たちみたいなお金について勉強していると今まで知らずに損していたことに直面することがあるのでその時は見直しのチャンスですよね!

掛け捨て保険は解約しても保障がなくなるだけですが、運用や積立が含まれている保険は途中解約することでほとんどが元本割れしてしまいます。

それを損と見るか得と見るかは人それぞれかな。

元本割れしたとしてもそこから運用で回してそれ以上に増やすなら解約は早い方が良いだろうし、そうじゃないなら継続して元本が増えるタイミングを待つ方が得です。

解約後の行動次第で損にも得にもなりますよね!

 

MIEまとめ

「保険はお守りではありません」

この言葉を聞いて私はハッとしたんですよね。
お守りだとするなら高すぎる!

山ほど保険の種類はありますが、どれが良い悪いではなく自分(と家族)にとってどれが必要かで選ぶことが最も大切。

 

「みんなが入ってるからこれにしよう!」とか「CMでよく見る有名な会社だから安心!」とか「とりあえず何も入っていないのは不安だから。」とかではなく、

 

  • 自分が病気になった時にどれくらい補填が必要なのか?
  • 自分が死んだ時、誰にお金を残してあげたいのか?(独身の場合は死亡保障は本当に必要なのかな?とか)

など、自分にとってのベストを考えて選ぶことが重要です!

自分で稼いだ大切なお金の使い道を曖昧に決めるのはナンセンスなので、保険選びや保険の見直しを検討されている方は時間がかかったとしてもしっかりライフプランを考えたりリサーチをしたりしながら進めてもらえたらなと思います!

ではでは!

The following two tabs change content below.
マインドもライフスタイルもシンプル化するのが得意。 趣味は旅行と家づくり。 元あいのりメンバー。 詳しいプロフィールはコチラ。 お問い合わせはコチラからどうぞ。
Return Top