【台北】子連れ旅レポVo2~アジア最強の縁結びの神様・鼎泰豊本店・九分と注意点~

【台北】子連れ旅レポVo2~アジア最強の縁結びの神様・鼎泰豊本店・九分と注意点~
こんにちは!MIE(@tanaka__miho)です。
早速レポ続きますよー。

Sponsored Links

 迪化街(ディファジェ)を散策

 

ホテル(台北城大飯店)の近くをチェックアウトした後に迪化街を1時間くらいブラブラしました。

アジア最強の縁結びの神様!と言われている迪化街(ディファジェ)にあるお寺
台北霞海城隍廟(シアハイチョンホアンミャオ)“があると聞きつけ、行くことに!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1614.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1616.JPG
ここは、ずーっと10年ほど前からファンでいてくれてる台湾のKちゃんがFBメッセで教えてくれたお寺さなのです。

月下老人という神様だそう。

結婚してからは、縁結びにあまりトキメキを感じなくなってるけど爆、
ご縁ってパートナー以外にも当てはまりますしね。

地元のみなさんが熱心に祈願されていました。

このお寺がある迪化街。
台湾ぽくないcafeや雑貨屋さんもあります。
台湾ぽい漢方、乾物、お茶屋さんもあります。
DSC_0428.JPG

この卸っぽいお店の前を通りかかった時に、よもぎ蒸しの香りがして(たぶん朝鮮人参)、
「めっちゃいい匂い。たまらーん!」と独り言を言っていたら、主人がスタスタ入っていって、
日本語と英語で「これほしい!売って!いくら?」って交渉している・・!

べ、べつにいらんけど!

結局、微妙に高い金額で一束分けてもらいました。

あ、ありがとうw
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1571.JPG

日本語も英語も通じなくて、ジェスチャーで、「これ、お茶?飲むの?」→そうそう!みたいなやりとりをしただけ。

まだ飲んでないけど、味はするんだろうか。。。。。謎

※結局怖くて飲めず、香りが無くなった時点でポイしました涙。ごめんなさい。
きちんとパパの優しさは受け取ったから良しとしよう。

そのあと、別の漢方屋さんで自然の漢方で出来たのど飴も購入。
こっちは日本語が通じるお兄さんがいて安心でした。

この飴、めっちゃオススメです。
買った時は量も多いし、ごり押しされた感もあったので「こんないらんねんけどなー・・・」と思いながら買ったのですが、
日本に帰ってきてからも喉がイガイガする時に早めに舐めておくと悪化しない!
日本でも取り寄せたいくらい気に入りました。
ホテルの隣のスタバ。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1631.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1632.JPG
日本語でありがとうって書いてくれてる。

うれしい心遣い。

お世話になったホテル。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1630.JPG

低層階はレンガ調、上層階はコンクリート。増築したのかな?


台湾といえば小籠包!鼎泰豊本店へ

 

台湾に来たからには!と鼎泰豊本店へ行ってきました。

台北101にもお店があるけど、せっかくなら本店でしょ。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2154.JPG

 

すっごい人!
1時間くらい待ったかなぁ。

KE5wZEUIST.jpg

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2211.JPG

お店の前。
とんでもない状態です。

普段だったら、もう別の店いこう!ってなるのですが、回転率はいいみたいなので、せっかくだし待ってみました。

こんなに人人人!状態でしたが1時間くらいでお店に入れたので、やっぱり回転率いい。

さすが待ったかいがありました。
めっちゃ美味しい。

ちなみに、日本の鼎泰豊は行ったことがないので比べることは出来ません。

 

小籠包全種類、麺、肉まん、青菜炒め、、、

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2173.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2399.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2180.JPG

お水飲むの怖いしなぁ、、とコーラも頼んだのですが、普通に美味しいお茶をポットで出してくれていました。
コーラいらんかったな。

鼎泰豊本店、並ぶ価値あり。


ずーっとあの景色を見たかった!九分へ!

 

DSC_0395.JPG

ずーっと来たかった場所。
夫婦ともにジブリで一番好きな映画は千と千尋の神隠し。

あの雰囲気を生で味わいたい!ってことで行ってきました。

台北駅から電車で。
バスで行くことも出来るのですが、ホテルのフロントのお兄さん曰く、
「バスは、危ない場所(山を登るから)も通るし汽車がおすすめ」とのことだったので、電車で。

瑞芳駅で降り、そこからはタクシーで向かいます。
駅前のロータリーにタクシーがいっぱい停まっているのですぐ見つかります。

どんどん山を登って山奥に行くので、ちょっと不安になってきたのですが、着いたら着いたで不安倍増。

 

人!人!人!
人の量ヤバイ!

そうだった。
Xmasだった。(うっかり忘れてた。。)

人の波に乗るのが精いっぱいで、ゆっくりお店を見るとか絶対無理な状態。
この道はいったいどこに向かってるのかもわからずとにかく人が動く方へ一緒に押し流されていきました。

途中で、大きなシューの中にアイスを挟んむスイーツをなんとかゲット。

これ、確実にチョイスミス!
美味しいのですが、めっちゃボロボロこぼれて食べにくい。

このタイミングで食べるべき食べ物じゃなかった。爆

その後、分岐点があり、上に行く道と下に行く道があったのですが、なんとなく上に向かってみました。
なんとなくね。

着いた場所は、思い描いていたあの場所ではなく、見たことのない神社と駐車場でした。

これ、どこ?

DSC_0384.JPG

カップルがみんなそこにある階段でまったりしてたり、休憩スポット的な場所になっていました。

私たちも休憩できたので逆によかった。←前向き
息子も走り回れて楽しそう!

すぐそばにあったおもちのぜんざいを食べます。

DSC_0389.JPG

美味しい!

ただ、写真映えしない見たけのせいで、美味しさが伝わらない・・
ぜんざいを少し薄めにした感じかな。

冷たいのとあったかいのが選べます。
これはあったかいの。

そこから、また人ごみに入り、別の道に。
そのまま進んでいくと、、

あ、あったーーー!!!あったよー!!
いつも写真で見てたあの光景が目の前に!!!

DSC_0400.JPG

キレイ。。。
しっかりと目に焼き付けて帰ってきました。

 

 

DSC_0408.JPG


ハプニングに遭遇。半泣き状態

 

帰りもすんなりタクシーで来たルートで帰る予定だったのですが、タクシーがどこにもいない

いるタクシーは、台北駅までじゃないと乗せないとか言い出して、乗車拒否してくる。
他の人たちも身動きが取れなくて困って途方に暮れてる・・・・。

これはヤバイ状況だ。。

大人だけならとりあえずお茶でもしながら様子見よか。なんとかなるやろ。
とか思えるけれど、1歳の子連れにとっては、とにかく早くタクシーを捕まえて帰らんと!ってことで、主人が元バックパッカーの根性を見せて、なんとか捕まえてきてくれました!

隣で同じく赤ちゃん連れで困っていたご夫婦がいたので声をかけてみんなであいのりしてなんとか駅へ。
そこからは無事、電車にも乗れて帰ってきました。

電車もみんな本当に子供連れに親切で、すぐに優先座席を譲ってくださりました。
台北に着いてから嫌な思いをしたのは、九ふんのタクシーがイケズだったことくらい。

あとは、本当にみんな優しくて親切でした。


みんなも気を付けて!注意点!

楽しみまくった台湾ライフ。

その中でも、ここはチョイスミスだったなーってことが何個かありました。
同じ状況にならないために書いておきます!
参考にしてもらえたら嬉しいです。
楽しい感じでレポを書いてきましたが、実は初日の夜から体調が悪くなって(発熱&声が出ない) しまって、絶好調に楽しめたわけじゃないのが心残り。
二日目から声がカスカスも出なくなってしまったので、主人との会話はメモ片手に筆談でした。
ま、私の体調不良は置いておいて・・・

オプションの送迎について

JTBの全部フリーのパッケージにしたのですが(パッケージ旅行を申し込みしたのもかなり久しぶり)
空港→ホテルの送迎(行き帰り)オプションがプラス¥1,000ーだったんです。

 

タクシーより安いし、自分でバスに乗るより楽かなぁと思い申し込みしたのですが、これが完全に私たちには合いませんでした。
行きは、サクサクっとホテルに運んでくれたので良かったけど、
帰りは、空港についてからの手続きとかを送迎バスに乗ってる人たち全員が終わるのを待たないといけなかったり、いわゆるツアーな団体行動をしなければいけませんでした。

私も主人も団体行動が、本当にニガテ。

待たれてるのも嫌だし、待つのも嫌だし、わからなかったらなんとか空港のスタッフさんに聞くので、そっとしておいてー!と伝えて先行ってもらうように説得しました。

もし今後パッケージで旅行に行くことがあっても、送迎は絶対にやめておこうと誓いました。

九分にベビーカーはおすすめしません!

ホテルのフロントマンに「九分にベビーカーを持っていっても大丈夫かな?」と相談したら大丈夫!って言われたので持っていったのですがこれは、絶対に絶対にぜーーーったいにオススメしません!
もし迷ってる方がいるなら、是非とも置いていってください。
赤ちゃんなら抱っこひも。

 

階段のオンパレード&人がすごいので、ベビーカーを押してる場合ではありません。
数名ベビーカーも見かけましたが、あんま人ごみの中でベビーカーに座るって地獄だと思います。
砂埃も凄そうだし、無謀です!
人に迷惑をかけるってこともそうですが、自分にとってもかなり邪魔になります。
うちのベビーカーはコンパクトに折りたためるタイプだったので、速攻折りたたんで主人が抱っこひもで抱っこしながらベビーカーも持ってくれていました。
一人だったら絶対に無理だった・・・・・。

 

このふたつは今回教訓になりました。

あと、これはもうネタなのですが、
主人が夜な夜な一人でホテルの周辺の夜市に散歩に行って、帰りにマッサージ屋に行ってみようと近所のお店に入ったら、いかがわしい系のお店だったらしくかなり怖かったらしい。

入ってすぐにヤバイってわかったので、逃げて帰ってきたらしいけど、
帰ってきてから話を聞いてめっちゃ面白かったですw

台湾に次行く時は、体調万全な状態で行こう。

レポを終わります。

 

The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。
(最終更新:2017年12月14日)
Return Top