ミニマリスト主婦的!断捨離が滞ってきた時にすること。

ミニマリスト主婦的!断捨離が滞ってきた時にすること。

こんにちは!
ミニマリストの田中美帆(@tanaka__miho)です。

日頃からミニマリストミニマリスト!と言っているにも関わらず、物が溢れるタイミングが3,4か月に1度くらいの割合で訪れます。

それは、まさに今・・・
なうですよ。はぁ。


スタッキングシェルフ内がカオス。。。。

ミニマリストとか言っておきながら、家荒れとるやないか!!と1000%言われる有様なので気合いを入れてまたスッキリさせてやる。

このパターンに陥った時に私がやることを今日は書きます。

 

Sponsored Links

デザイナーズマンションは収納が少ない

 

いわゆるデザイナーズマンションってやつに住んでいます。

それだけ聞くとオシャレなのですが、なんせ収納が極端に少ない。

和室がないので押し入れもないし、ミニマリストなのでタンスもひとつもありません。

家の収納は、クローゼット2つ。あとはキッチン周辺と洗面所の引き出し類と靴箱。以上!

なので、必然的に物が増えると溢れて家が荒れ狂います。

全体量は少なくてもすぐに荒れ狂うのでわかりやすいっちゃわかりやすい。

荒れてきたら増えてきた証拠なので、使っていないもの・いらないものはないか捜索に入ります。

 

とにかく捨てれるものを捨てまくる

 

目に見えるもので捨てれるものは一目散に捨てます。

キッチンだったら空きペットボトルとかもすぐに袋に入れてポーチに出す。

毛玉だらけで恥ずかしい靴下とかもう必要ない書類とか全部全部ポイポイポーイ!

まずそこからスタート。

 

出ている物たちを定位置に戻す

 

捨て終わったら、次は散らかって物たちを定位置に戻します。

ペンはペン立てへ。
息子服は息子専用引き出しへ。
書類は書類ゾーンへ。
お皿は食器棚へ。
主人服と私服は別々のクローゼットへ。

これをするだけで、当たり前ですが、家はすぐにスッキリします。

全体量が少ないので定位置に戻すだけでもスッキリ。

ただ、ここからが肝心!

引き出すがギューギューで入りにくかったり、物が溢れ出してる箇所がないかきちんと確かめていきます。

特に息子の洋服はすぐにサイズアウトするのと保育園に行っているのでシミだらけになったりもします。

仕事が忙しくなると、良く見ずに洗濯して干して乾いたらまた引き出しに入れてを繰り返してると「めっちゃ黄ばんでるやん!」「穴開いてるやん!」とかあるんですよ。

そんな服をチェックして、おさがりを頂いたNEWアイテムを補充したりして、しっかり全部使えるアイテムにしていきます。

ありがとう!のキモチを込めて断捨離。

メルカリもスキでよく使いますが、さすがにシミが付いてる服は売りません。

シミあり!とかで格安で売りに出してはる方もたくさんいるけど、シミついてる服はもう充分役割を果たしたと思うので、「おつかれさま!」と心の中で言いながら我が家で最後にしてあげたい気持ちになりますw

ペンも、私は滅多に買いませんが主人はどこからともなく大量のペンを家に持ち込む人でしてw

すぐにペンが増えるので、捨てるのもあれなのでそれは主人に返却して家に持ち込まないようにしてもらいます。
※結果、主人の鞄の中から大量のペンが出てくるはめになるので、数か月に一回は結局私が整理するパターン

 

コンクリート打ちっぱなしの家に似合う量

 

家に似合う家具とか物ってありますよね?

今の家はコンクリート打ちっぱなしなので、スッキリとしていてメンズライクなものが似合います。

例えば食器だと、ウェッジウッドよりも木で出来たお皿が似合う。みたいな。

今はこの家の雰囲気がスキなので、この家に合うようにスッキリとしたコーディネートで過ごすように心がけています!

 

ミニマリスト関連の著書で面白かったものはこのあたり。

 

さっ!
もうすぐ春。パパっとスッキリさせちゃいましょう!

ではでは!

 

 

The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top