パワーブロガーと呼ばれるまでの10年間で得た3つの心得

パワーブロガーと呼ばれるまでの10年間で得た3つの心得

こんにちは!
ブロガー歴13年の田中美帆(@tanaka__miho)です。

まず最初に、
私はブログに書きたいことを書いています。

よく「アクセスを増やすにはどうしたらよいですか?」と質問を受けますが、
アクセスを増やす目的だけならいろいな手段があります。

 

例えば、
・読者申請を自らしまくる(無差別ではなくターゲットを絞って)
・更新率を上げる
・話題のネタを書く
・同じ時間帯に毎日UPする
など・・

 

でも、今、私はそれらを意識してません。
22歳でブログを始めて、約13年。

その間、
アクセスをもっと増やしたい!と焦ったこともあるし、
何を書いたらよいのかわからなくなったこともあります。

いっぱい悩んで、行き詰ってきてからこそ見えた景色も沢山あります。

しかし、ずっと多少アクセスが高めのブロガーだった私が、〝パワーブロガー〟と
呼ばれるようになったのは、ココ3、4年の話です。

そのココ3年で何が変わったか。

それは、スキな事を書き始めたこと。

スキな事と言っても、表面上のスキな事ではなく(これは昔から書き続けてる)、
内に秘めている〝思い〟の部分。

ここを包み隠さず、私はこうゆう人間なんだと発信し始めたのがココ3年くらいなのです。


Sponsored Links

過去のバッシングから鎧を被る事

 

フジテレビ系〝あいのり〟という番組に出演した時、一般人だったのに、帰国したと同時に全国に顔と名前が知られるという私の人生での大きな転機がありました。

それからは、ある事ない事言われるようになり、いわゆる〝2ちゃんねる〟的な掲示板が恐怖で恐怖で。

道で「大好きです!」と嬉しそうに声をかけてくれる人に対しても、
「そうは言っても、家帰ってネットで悪口書いたりしてるんじゃ・・」なんて被害妄想までしてしまう様になりました。

海外にハマり、帰国後すぐにフィリピンに語学留学に行ったのですが、
乗り換えのマニラの空港でも日本人の方にお声をかけられ(嬉しい気持ちもある!)、
留学先のセブのクラブでは、まさかのフィリピン人の方に「あいのり!」と言われ、嬉しいような怖いような、もうどこに行っても逃げられない。みたいな気持ちにもなりました。

有名税という言葉がありますが、今なら納得できるけど、その頃の私には全く理解できず、なんでこんな思いをしないといけないのかと結構落ち込んだこともありましたね。


ブログは絶対にやめないと根気よく続ける

 

それでも、応援してくれてる方も沢山いて、コメントを貰うたびに元気づけてもらえるブログの存在は貴重でした。

10年間いろんな事を書いてきましたが、いつしか表面的な内容だけを書くことに慣れてしまい、
それが妙に楽で居心地が良く感じていました。

心の奥底の熱い部分を書いて、バッシングに合うのは辛いけど、
表面的な事を叩かれることはなんとも思わない。

その差は、そこに〝思い〟があるかどうか。

でも、「最近の美帆ちゃんのブログは、美帆ちゃんの思いが見えないんだよね。本当はすごい熱い思いを持って生きてる
のにそれが全く感じない。」ってある方に言われたことがきっかけでもう一度ブログの存在を考えました。


ブログの目的意識を見失わない

 

何の為にブログやってたんだっけ?

私は、自分自身を発信したいからやってる。
こうゆう人間がここに生きて、こうゆうことを感じて、こうゆう道に進んでいるって事を
発信して行きたい。知ってもらいたい。

これは、子供の頃から思ってたこと。

なのに、私はいつからか本当の意味の発信する事を放棄してた。
それからは、人間田中美帆のココロをブログに投影させています。

もしこれからブログという存在がこの世から無くなったとしても私は何かしらのカタチでずっと
発信していくでしょう。

これからもそんな人間・田中美帆の生き様を沢山の方に見て知って頂けたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
田中 美帆
1983年3月3日生まれ  あいのりメンバー(MIE)。 関西を中心に、執筆・イベント企画・PR・ブロガーとして活動中。 旅好きなミニマリスト。
(最終更新:2018年2月22日)
Return Top