MyHappinessRule(マイハピネスルール)を図書館へ届ける。

MyHappinessRule(マイハピネスルール)を図書館へ届ける。

こんにちは!
田中美帆(@tanaka__miho)です。

2年前から私の著書
MyHappinessRule(マイハピネスルール)を全国の図書館へ届ける活動をしています。

これは仕事ではなくライフワークとして。

置いていただいている図書館のリストはこちらからご覧いただけます。

本は出版社から買取っているので、この活動をする活動費・本代・送料などはすべて持ち出しです。

我が家には、買い取った本のダンボールが山積みでありますが中身は大事な本なので、大切に保管しています。

ミニマリストじゃなかったら確実に家に入らなかったであろう・・・。

はっきり言って、この活動はキレイごとから始まったわけではありません。

もうカッコつけてもしょうがないので、全部正直にお伝えします。


Sponsored Links

シビアな出版の世界

 

毎日何百冊とさまざまな本が出版され、次から次へと本屋さんに納品されます。

でも、本棚には限りがあり、ましてや平積みされるスペースはほんのひと握り。

そこで、動きのなくなった本というのは、出版社へ返品されます。

出版社に置いておいたところで、本屋に置かれなくなった本は、Amazonか楽天ブックスくらいなので、もっと動きが鈍くなる。

で、最後は断裁という道が待っています。

これが大まかな流れ。
※出版社によっても多少違いはあると思いますが

それでも、マイハピネルルールも数千冊は売れました。

どなたかが購入してくださり、実際に感想もたくさんいただけました。

全く売れなかったわけではないのです。
ただ、初版の部数には到達しなかった。

これが現実。

断裁しますと言われて、「ではお願いします」なんて思えるはずもなく、どんなことをしてでも守りたい気持ちしかなくて、
断裁しなくて済む方法を主人と毎日考えました。

この本を購入してくれた方は、私のことをブログやSNSで知ってくれた方や、その方の紹介がほとんどだと思います。

 

 

でも、私のことを全く知らない方でも、
同じような経験をされている方や周りに相談出来ず1人で抱え込んでいる方、どう前を向けばいいかわからない方、日々の育児を辛いと感じている方にも、この本を通じて前を向けるきっかけになるのではないかと本気で思っています。


図書館ならたくさんの人に読んでもらえるかもしれない

 

私のことを知らない人にも気軽に読んでもらうにはどうしたらいいか。

私たちの出した答えは、図書館への寄贈でした。

主人と2人で始めた活動も、ブログを見て「近所の図書館に持ち込んでみる!」「実家に帰るタイミングで持っていくよ!」と声をかけてくれた方のおかげで少しづつ大阪府外にも広がっています。

Amazonでは今も販売していますが、もしご購入していただけるなら私のメルカリページから是非ともご購入して頂けたら嬉しいです。

 

 

500円(送料無料)と割引価格で販売しているので、活動資金になるわけではありませんが、購入してくださる方とメッセージのやりとりをさせていただくことも出来、励みになります。

新品:500円(送料込)
メルカリページで販売しています。https://www.mercari.com/jp/u/543694237/

 


近年の本の販売方法

 

何もせずに本が売れる時代は終わったと有名な著者も言っています。

ほとんどの方が、出版が決まると“出版記念イベント”を複数の場所で開催します。

講演会(トークライブ)を兼ねて、参加者に本を読んで(買って)いただく流れです。

ファンからすると実際にお話を聞けるし、本の秘話も聞けるし、著者は本の部数にも繋がるし双方にとっていいことしかありません。

しかし、この王道を私はしていません。

私が、出版記念イベントを出来なかったのには理由があります。

haruをビジネスに巻き込みたくなかった
haruを変な目で見られたくなかった
haruが売り物みたいになるのが怖かった

他にもたくさんあるけど、

haruがいたからこそ完成したこの本を出して、私が脚光(というと語弊があるかもだけど)を浴びるのは違うと思う。

なんてことも思ってたし、

出版記念っていっても、この本の出版を「おめでとう」にしていいのかもわからない。

伝えたい想いは、この本にすべて詰め込んだのでトークライブで何を私は来てくれた人たちに伝えたらいいんだろう?

haruのことになるとすぐに泣いてしまうので、泣きじゃくって何も伝えられず終わることも目にみえている。

そんな言い訳のようなことを考えすぎて、PRというPRは何も出来ずにいました。

もっと他にも方法があっただろうと思いますが、あの頃の私には思いつきもしませんでした。

そして、少し時間がたった今、私なりのやり方で多くの方に読んでもらいたい一心で活動しています。


育児書と一緒に読みたい本

 

本の内容は重たいかもしれません。

でも、読み終わったあとに、重たいものを背負わせるような本では決してありません。

あるイクメンの男性が読んでくれたあとにメッセージをくださいました。

「この本は、育児書と一緒に読んでもらいたい本です。」

子育て中、どの育児書を読んでも腑に落ちなかったけど、やっと理解出来た気がしますとも言ってくれていました。

今見てる景色や目の前にいる人を見る目がきっと読み終わったあと変わります。

かわいい絵を交えながら、読みやすい構成にしていますので気軽に読んでいただけたら嬉しいです。

新品:500円(送料込)
メルカリページで販売しています。
https://www.mercari.com/jp/u/543694237/

 

 

The following two tabs change content below.
田中 美帆
3月3日生まれ  昔あいのりに出ていた。 趣味は旅と断捨離。物も人間関係も常にシンプルでいたいと思っている。 子どもは2人(1人はお空在住)。生活感のない女になりたい35歳。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top